« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005年5月

2005年5月19日 (木)

寺井尚子クインテッド

5月4日メ~テレハウジング

昨日、早く来てしまい時間を持て余したので
今回は一時間前にこれればいいかなと。思ったが。
結局12時。(^_^;
でもって、我が母校に散歩がてら。

昔校舎。外書講読をしていた教室は寮に。色が”ハイカラ”な色に
なり、あの暗いイメージ法学部は払拭されたような。もう少し進むと
少し建て増しされかつての9号館は学院生の専用の校舎の様。
表通りへ向かおうとさらに部室のあるところへ。

    アパート?

学生が住んで(実際いるのですが)そうな真新しい建物は
部室でした。スルーすると 相変わらずの墓地です。
変わってないです。すりぬけ、図書館へ。! 2号館改築中でした。
4号館はそのまま変わってないです。裏側は。

祝日はどこも閉店。施錠。開かれた地域の大学への模索は
この大学にはなさそう。大学探検からもどり
会場裏手からトイレ行こうかなと思ったら

_054   ♪~

もうやってる?12:40。もう音なってる!

早速席に着く。リハがしかも寺井尚子さんが
率先してやっている!音のこだわり。PAへ細心の指示。_051 客席の真ん中でのチェック。実際に一曲。縦横無尽に。
立ち止まることなく、指示を出す姿。
いい意味での「女王様」みたいに。カッコイイ。ほんとにしなやかに。
スタッフ全員の顔色が昨日とはまるで違う。緊張に満ち満ちている
リハは13:30近くまで行われ、こちらの立場としては
Free」というのが申し訳ないぐらい。

14:00。開演
黒でビシッと決めた5人が最高の音を提供してくれた。
しかも立錐の余地がないぐらいビッシリ埋め尽くした客席。
そこから漏れた人たちも脇側の日陰でイスは無いがやはりビッシリ。

  (名古屋bluenote)の3days無理してでも
  行くんだったなぁ。。。

    でも決算やってたからなぁ(^_^;

ポピュラーな「My way」「星に願いを」から新曲の「春風」(だったと思う)や
BPMの早い曲を比較的やってくれたので(基本は「dreamdancing」中心)
心地良かった。アンコールで「Spain」を披露されたときLive中から鳥肌が立っていたのですが、なんかダメ押しされたというか。。。
心臓鷲掴みにされたような。絶賛し過ぎかなぁ?
でもでも、Jazz初心者の私には充分でした。
Spainは松本孝弘のギターで聞いたのが初めてだったのですが、
シビれた!というか身震いしながら。。。

アルバムを現場で買えず、dreamdancing と best と live の3枚を買ってしまいほとんど中毒です。情けない大人です。

Lovelyは必ず(めいほう音楽祭には行けないので)一人でも伺います。声が出るようにもなったので、「かっちょ良かったですぅ~!!」と伝えたい!

寺井尚子さん自身もすっごくスタイルいいのですが、
クインテッドとしても皆さんカッコイイ。全力疾走でのステージを無料で見てしまって本当に申し訳ないです。2週間あれから経ってますが、余韻に今もなお浸ってます。ありがとう。お体大事にしてほしい。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年5月17日 (火)

BlueNote初めて行く

菊地成孔~CONCERT DEGUSTATION A JAZZ~

熱狂的FANの子とUAのファンの子と一緒に見たLIVE。
さすがにサイドの席なので90度曲げて菊地さんを見る形。
予備知識0%なので、菊地様?の独創的というか変にカッコイイ
ロケーションでPVとるような感じで、
時にはSax playerとして
時にはクインテッドのconductorとして華麗にleadして。

Elizabeth Taylor en Parisian (non-existence)で
それまでいなかったカヒミカリィがテキストを読み上げる。
2,3曲繰り広げたあとだった。突然ではあったが
ごく自然にKikuchiの右側に立つ。
アルバムとは違う、カヒミの独特な声が意外なほどマッチしてたような。
読み上げて?無いときはkikuchiを見つめまたテキストに目を落す。

最後アンコールの時に、kikuchiがソロでSong of The Latina Elizabeth Taylorを
披露。
DCPRGから入り込んだ熱狂的なFANの子は

    「菊地さんの歌が聞けるなんて思ってなかった!」

久々に女の子のウルウルした目を見たような。川勝さん同様、過去のディスコグラフィー
も買い漁っているみたいで、スパンクハッピーなども愛聴されている様。
kikuchiに感謝です。

DUBがあるJazz。Jazzではなく、すごくエンターティナーを感じた一夜でした。
講義を受けたいですね。Liveではなく、ある種ウンチク的なお話しを。

 アップ遅くなりましたm(_)m

| | コメント (0)

2005年5月 8日 (日)

コモサン オル ジャポン

今年3本目は、うちの会社の上司の方から誘われたのが発端。

4/18のカヒミちゃんにまだ酔いしれていた4/20の午後。

「Jazzって聞くかい?」ときたもんだ。

スターアイズのURLを上司宛にメールして送っておいた。
4/22一緒に行こうということになり、
メンバー的に納谷さんしか知らないが、せっかく誘ってもらったので
ということでスターアイズさんへ。。。

5分ぐらい前に着いて中に入ると、「お父さん!」上司の奥様とお子さん。
同席させてもらった。

あまりJAZZを聞かない3人。きっかけは、遠い親戚がメンバーにいるとのこと。
メンバーのお母さんと上司の奥様はよく電話する仲らしく、
今回名古屋でliveがあるから是非行ってあげてと言われきたらしい。
上司は「たぶんうちの奥さんはこんなところまで来ないから一緒に行こうや」
ということで私と一緒に来た。

 ちょっと押してスタート。
 コモサン オル ジャポン 
太田仁子(vo)岡淳(sax)北村喜一郎(per)納谷嘉彦(p)俵山昌之(b)小島勉(ds)
の構成。
Fly me to the moon は、まさに私と同世代の人はよく聞いた曲。
某アニメ番組のエンディングでいろんなバージョンで流れていたから。

たくさんの曲を聴きながら、すごく温かいなと感じました。
客層はムードのある曲を求めているような感じがしたのですが、
私にはすごく温かく感じました。

1回目終わって休憩に入ったところで、上司一家が帰られるということになり一緒に
出てきました。ちょっと残念。

一週間で2本。ちょっと贅沢かな?

コモサン オル ジャポン としては
5月21日、22日横浜「モーションブルー」にてLiveあります。

また、うちの遠い?親戚に当たる太田仁子さんは 吉祥寺「ストリングス」にて
5/18にLiveがあります。

お近くの方は覗いてみてください。私自身の太田仁子さんは「大きい人」というのが
一言感想(ゴメンなさい)スターアイズも納谷さん小さく見えました。(度々すみません)
XUXU(シュシュ)というグループを組んでらっしゃるのですが、
活動休止中のため今はソロで活動してるそうです。
都内中心のLive活動なのでなかなか地方にはみえないそうですが
是非コモサン オル ジャポンとして来て欲しいものです。

XUXUとしてもSpainが生で聞いてみたいな。。。

Special thanks ! I-Aoki !!

| | コメント (0)

2005年5月 2日 (月)

今年2本目のLive!

菊地成孔 ~CONCERT DEGUSTATION A JAZZ~

4/18 全国各地のBLUE NOTEを回るツアーの初日の1回目。
まさに一発目。見てきました。

KIKUCHI

行くきっかけになったのは、社会人になってから初めて「学習塾」に通うようになり、
マナハウスにもよく行ったのさ。
で、マナハウスの中の以前から一回は行きたいBlueNoteの前を
よく通り、「今日は誰かな?」とか思いながら。。。

結構ここ数ヶ月内外問わず有名どころが出ていたので、
「寺井(尚子)さんかMALTAさんの時ぐらいで行きたいなぁ」
と思いつつ。BLUENOTEが毎月出している小冊子を見ながら、
「今月もすげぇなぁ~。決算月だからなぁ3週目か4週目以降だな。。。

          あ!!!カヒミちゃんだぁ!!!!

そう、学生の時からまた失業中の職業訓練校でも(めちゃくちゃ狭い)
流行っていたカヒミカリィがゲストで来る。

生では観たことないので、是非行かねば!

だが。。。「ただでさえ、JAZZ好きがいない周囲で誰を巻き込むか。」
という事態がまたも「横たわる」

とりあえず、数少ないカヒミファンで募集すると。。。飛びついてきた!
菊地成孔を知っている人間。しかも熱狂的ファン(*_*)
私のほかに2人。前回のlovelyで飯が食えないのが致命的だったので
「テーブルシート」のチケットGETS!
studio voice にもインタビューが文字ぎっしり「さば寿司」状態で掲載されて
いたのを知ったぐらいでどんな音を繰り出してくるか予習もせずライブ当日。

ギリギリ開演10分前ぐらいに現地着したが、BLUENOTEさんの入り口から
階段を「下にぃ~下に」ってぐらい降りて行くと
「!!!」さすが皆さん結構入っている。
カジュアルシート(机なし)はギッシリ!
結構若い子が多い!意外やぁ。
舞台正面はさすがに満席なので右サイドへ。舞台袖の出入りが見える場所。
ふと見るとテーブルシートで「お一人」でお座りの方も。
「明日は我が身」と思いつつ、開演!

つづく。。。(引っ張るんかい!)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年5月 1日 (日)

今年一本目のLive

実質1つ目なのだが

KEIKOLEEのLiveが
2月に、Jazz inn lovely にて
Liveがあるということで、火曜日2月8日分を
見に行くことに。 KEIKO

場所はNHK名古屋放送センターの北に位置します。

Jazzのlive初めて。lovelyに行くのも初めて。
初めてづくしで、「いす取りゲーム」も初めて(^_^; 敗者です。

その後遅れてきた友達分の「丸イス」を確保し
いよいよ友達も合流しスタート。

かな?と思ったけどスタッフが譜面を置きにきただけ。
そこから何分か…

いよいよ登場!

出入り口付近だったのでメンバーがすぐ後ろを通り抜けていく。

今回のメンバー

ケイコ・リー(Vo,Pf)
吉田次郎(g)
野力奏一(Pf,key)
坂井紅介(b)
渡嘉敷祐一(ds)

Who’s Screamin’のイントロがエンドレスで…

吉田次郎(g)がkeikoを紹介!

keikolee 登場!!

数曲歌って、野力奏一(Pf,Key)のソロあり~の
21時終了。30分近く休憩。

この「休憩」がわからず、スタッフに確認したり「御上りさん」確定!!
このときの先週名古屋は大雪!
まだ寒い。場所が出入り口付近だったので結構寒い。
でもlovelyのマスターとか打ち合わせしている外の声が聞こえたり
意外と「特等席」かも。。。しっかし さみぃ~い!
マスターも出たり入ったり、眼がね掛けたり外したり。

2回目始まる前に円陣組んで再登場!

Queenとか交えながら数曲。
(曲名がわかってないので。。。若葉なの)

最後アンコールにCyndi の TIME AFTER TIMEを披露。
私の友達が聞きたかった曲。

その後、keikolee ?歳の特大のバースディーケーキが運ばれて

蝋燭を吹き消し終了。

お腹ペコペコなので向かいDonna leeでチャージ。

そこへラブリーのマスターが来て、また少しお話し。

楽しい時を好きな人と過ごせたのでよかったですv(^_^)

| | コメント (0)

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »