« 東山魁夷展 | トップページ | JAZZ セミナー @ブルーノート名古屋 »

2005年8月31日 (水)

後藤浩二Trio in Palet(@多治見)

お疲れ様です。
行ってきました、Liveを見にパレットへ!
土曜日は学校があるので、17時帰宅して。
なんとなくTV見て。。。。。はっ!19時30分!!

う~ん、こりゃダメかな?

電話してみると、合い席だけどOKとのこと。
20時ちょい前に行ってみると、駐車場いっぱい!
側道に停車して店内へ。やはりほぼ満席。

マスターに席を案内され、待っていると。
ナカナカ始まらない。15分ぐらい遅れで
スタート!
今回は後藤さんの顔とステップと黒田さんのステップを
おかずに音を聴いて。
演奏しながら左足の後藤さんのステップ。かかと、つま先 時には
足の裏全体で。その後右足にステップが変わったので見えなくなってしまったのですが
立ち上がらんとするような感じで。。。

黒田さんのドラムソロの時のあのステップは、さすがプロ。
あんなステップは打てないと思いながら。

①Utakata
②Princess Anne

mc

③no title(未発表曲)
④ミニメビウス?(と聞こえたのですが。自信ありません)

~休憩~

⑤カンタービレ(Meiさんの過去の日記で一番近い曲名がコレでしたので、多分これ)
⑥?

mc

⑦Pure Love
⑧?

とほとんど曲名わからずですが、
mcも面白く?「。。。。。」という独特の「間」?(失礼)

二曲目のプリンセスアンは、やっぱり印象に残りました。
一回目のmcでMeiさんのBBSでもありましたが、竹井詩織里さんの話も触れたり
黒田さんかな島田さんかな?
「彼は最近新車を買って優雅な生活を送ってますが。。。私は。。。(沈黙)」
みんなの失笑を誘い、
「昨日彼は山梨で仕事があり、。。。と言ってもぶどう狩りではありません!
 えー。。。ちゃんと仕事だったのですが、。。。新車で山梨から駆けつけてくれました。」

アンコールあるかな?と思いましたが、「10時になりましたので、これで終わります。」
と後藤さんが最後に言って終了。

でもその余韻なのか皆特別帰る様子もなく、談笑。
ドラムセットを片付けている黒田さんと少し話して

黒田さん:こっちの方ですか?
かず:いえ、○○町です。だから車で15分ぐらい。
黒田さん:僕、○川なんですよ。でもこっちのほうにも教えに来てるんですよ。

またLovelyに行きますと再会を約束して話を終え、Azulを買ってしまい
サインをもらい、「名前は?」「(本名)です。」と名前も入れてもらい。

帰るとき外は、電気がすべて落ちているので真っ暗!
転ばないように車まで辿り着き帰路につくのでした~。

 それにしても、こんな近いところにLiveHouseがあるなんて。まさに身近な音♪
パレットさんどもありがとうございました♪
後藤浩二さん、島田剛さん、黒田和良さんどもでした♪

|

« 東山魁夷展 | トップページ | JAZZ セミナー @ブルーノート名古屋 »

music」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

これでかずさんも、後藤3のとりこ♪

投稿: Mei | 2005年8月31日 (水) 09時55分

Meiさんへ
う~ん、トリコまでは行ってないかな?
「鷲掴み」にされてないから♪ね、ひつじさん。
後藤さんとは実は10数年前に一度会ったことあるような
とパレットで見たときに思いました。
南山にもよく行ったしね。当時。
でもはっきり思い出せないんですわ。

というかやっと書けた。少し荷物降ろした感じ。

投稿: kazu | 2005年8月31日 (水) 10時50分

おつかれさまです。
寺井さんは『心臓鷲掴み』で連れて行かれる感じだけど、
後藤さんは「そこに居ていいよ」って言われてる感じというか・・・

ようするにどっちも好きですw

投稿: ひつじ | 2005年9月 5日 (月) 00時26分

>ひつじさんへ
コメントありがとうです。
なんとなくわかります。「そこに居ていいよ」
でも、もっと上に居てもいい人なのに
聴く人の近くまで来て、「どぉ?」
って音で語りかけたりする人かなぁ?

投稿: かず | 2005年9月 5日 (月) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102362/5701892

この記事へのトラックバック一覧です: 後藤浩二Trio in Palet(@多治見):

« 東山魁夷展 | トップページ | JAZZ セミナー @ブルーノート名古屋 »