« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月

2005年11月30日 (水)

NEU TRINO @ Jazz inn Lovely(11/28)

 最近Lovelyの近辺で遊ぶことが多く、栄に行くのも
昔ほどの抵抗もなく。。。

 今回は、スター☆アイズで見たAKT(全員秋田県出身のトリオ)の
納谷嘉彦、日景修に後藤浩二トリオのドラムス黒田和良がチョイスされたNEU TRINO

納谷さんのピアノは以前にもお話ししたとおり、「あったかい」音を提供してくれるピアノが大好き。黒田さんの楽しいドラム。AKTでもNEUTRINOでも日景さんのBASSがなければTrioのGrooveyなまとまった音はやはり聴けないと全体的な感想。

 今回は納谷さんがMCも務めていただき、先日まで旭川にいたそうな。温度差がかなり有ってこちらの地方では考えられないほどの寒さ。

 私自身1stしかいることができなかったので、セットリストは書けませんが一部。

・デイトリッパー(ビートルズのナンバーね)
・フィッシャー(オリジナル)

 フィッシャーはAKTの時のオープニングでやった曲かなぁ?
黒田さんのドラムもウォーミングアップから起動したように
聴きたかった音を炸裂させてくれたし。

 今日の納谷さんは春のコモサンの時、AKT with 矢野沙織の時
とは大違い。遊び心一杯で、いろんなオチャメな納谷嘉彦を見せて
いただいたすごくハートフルな温かいLiveでした。
1st終わるぐらいにはかなりのお客さんの入りになり、
Lovelyのオーナーも登場。(いつもダンディでかっちょいいです)

 帰り際に納谷さんに挨拶をして、納谷さん自ら手を出して
握手までしていただいてすごく光栄でした。
今年最後のNEUTRINOだと思っていたのですが、
12月もあることを知り「来月また来ます!」と言ってLovelyを
出てきました。

 1stで出てきたわけですが。。。実は日中から頭がクラクラして
日曜日から微熱がナカナカ下がらず月曜日仕事してても
「?何してたっけ?」といった感じ。クスリを飲んでも
Lovelyについてからも少しふらついてましたが
Live始まると変わるゲンキンなヤツです(笑)
1st最後の曲は足をガンガン鳴らしてしまい
隣近所の方この場をかりスミマセンでした!
来月12月14日のNEU TRINOのLiveには
2ndからになるかもしれませんが伺いたいと思います。
う~ん、こっそりひっそり静かに納谷さんに見つからない
ように聴ければと思います。ウソです(笑)

追伸
   長尾店長、ご無理言いますがヨロシクお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月18日 (金)

菊地成孔 サイン会@TowerRecord 11/12

 やっと書く気になりました(笑)

え~、行って来ました。矢場町にはあまり行く機会がなかったのですが

久々に。

整理券に「30分前に来るように!」とあったので1時間前に。(笑)

で、菊地さんといざ対面の際に会場に来た人へ一言あり、

 「38度の熱を出したので風邪がうつらないように気をつけて。」

とのことだった。

 私が菊地さんと話せたのは早く風邪治してと13日の1STに行くことを

伝えエンジェルをまぶしてもらった「大停電。。。」のジャケはいい思い出に

なりました。でも、トークも聞きたかった!金払ってでも。

| | コメント (0)

2005年11月13日 (日)

菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール@名古屋Blue Note

ブルーノート2週間ぶり。
16時過ぎ、ブルーノートの重いドアを開け階段を下りていくと
階段途中のバイオリンが飾ってある踊り場から列が。。。

「やっぱり…」

日曜日の夕方。18時START。絶好の休日のシメでしょう。
連れがなかなか来なかったが、開演前に着席。
今回大江君との絶対的な違いは、テーブルシートは完全「相席」状態。でも多くの方がこのLiveを見れることはすばらしくよいこと。

今回カジュアルシートでの観戦(?)だったため、ニンゲンウォッチングと”おあずけ”を食らっている「」の二面性があって…
年齢層は「全年齢」。大陸後の影響がモロ出てる。
本当に幅広い。60代~10代。
DCPRGのフリーク。JAZZ好きの人。トレンド好きの人
名古屋の人だけでなく関西の人も。私の席の周りは結構関西弁が飛び交っていました。名古屋しか地方では「ペペ…」はやんないからか?
一番許せなかったリスナーはダラダラの服着たヤツ。そんなヤツがテーブルシート座っているんだから。でもCoolなやつもいる。さすが判っている粋なヤツら。
カップルも結構いたのだが、女の子二人で着物を着て来た婦女子!ちょっと寒い日だったにもかかわらず、ドレスアッパーな彼女たちには敬服いたします。菊地さんもステージ上から感歎を送っていたことでしょう。誠に色鮮やかで後輩君とも開演前はなしていました。

 南博さんのピアノが優しく、粋に奏で ストリングス陣も才色兼備にいい音を期待以上によく鈴木正人さんのベースも他の派手なメンツに埋もれることなく存在感を示す。オープニングでパーカッション陣がちょっと出すぎ?とか思いつつバンドネオンの啼 鵬さん(名古屋公演のみ参加)は菊地さんの要望どうりの音をだしていたような。ソロもかっちょよかったです。カヒミちゃんはベレー帽を被り、大人数のステージに直接乗れず南さんの方からあがってくる姿がカワイク4月のLiveの大人らしい「妖艶さ」を控えめに。パフォーマンスは相変わらずカッコよかったけど。菊地さんは、とてもついこの間「38℃」の高熱に魘されていたと思えないほど最初っから飛ばしに飛ばし高らかに吹き上げ。

私の聴きたかった曲はすべて聴けたので満足。特に本編最後の「ルペ・ベレスの葬儀」は本当に会場全体をMAXに盛り上げ最後の落としどころもバッチシ決めgood!!!

 一旦ステージ袖にはけ、アンコールで再び登場。やっとMC。
あいさつもソコソコ
「すみません、時間配分を間違えてアンコール3曲だったのですが1曲になりました。気分良すぎて(時間)オーバーしちゃいました」

ということで一日目1stは2曲飛びました(笑)菊地さんも話したいことは沢山あるらしいけど

「電車が発車する寸前の状態なんだ。ゴメンネ」

とここでメンバー紹介。アンコール2曲飛んだためパーカッションの二人がいなかった!スタッフが急いで呼びに行く間

「彼らもう出番終わったんで、ブリーフ姿になっているかも」

菊地節炸裂で再登場
大儀見 元(perc)と都筑 章浩(perc)。
以下今回のメンバー

菊地 成孔(sax,vo)
南 博(pf)
鈴木 正人(b)
啼 鵬(bdn)
栗原 尚子(vln)
徳永 友美(vln)
菊地 幹代(viola)
徳澤 青弦(cello)
堀米 綾(harp)
カヒミ・カリィ(vo)

最後のアンコールは、4月のLiveでのアンコールと同じくカリーサイモンのスタンダード「CrazyHeCallsMe」サックスパートをバンドネオンに預け、菊地さんはヴォーカルに。

 今回のステージで感じたのが「南米のエリザベステーラー」をほぼ再現。少しスタンダードも有ったけど私にはペペトルメントアスカラールの方が聴きやすかった。FreeJazzを苗代にJ-POPにも接近しつつDCPRGがやってきた試験的なものをペペ流にアレンジしてみたり。カヒミカリィの「トラペジスト(「サーカス」とかの意味のフランス語)」にも聴こえ、何度でもこのステージは聴いてみたい と かつての「V2」というユニット以来再現が難しいバンドであるのは間違いない。是非今一度名古屋でLiveをしてほしい。時間も3時間ぐらいかけてお尻が痛くなるぐらい(笑)

 サイン会の話を前回したときにタワーレコードさんで
ゲットした短冊チラシ。

得三(LiveHouse名)にカヒミカリィが大友良英さんと
くるらしい。来年2月。

 たぶん行くでしょう。近いから。あれほど自身のLiveは名古屋飛ばしだったカヒミちゃんが
また来るなら行っちゃいます(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 4日 (金)

LUNA + 岡田組@JAZZ INN LOVELY

 以前からメシ食いに行く約束をしていて延びに延びて
11月2日行く計画をしていて19時現地集合の予定が。。。

 東桜のカレー屋さん「MORI」へ行ってきました。
が、結局なんだかんだで全員集合したのが

           20:50

で、早々メニューでオーダしてお腹すいていた
3人なのであっちゅう間に完食。
少し雑談するのと、飲みだけに行くチーム二人を
待っていると21:50。

こりゃ、2ndなら間に合うなぁ!

と思い、ここで飲みに行く人チームと別れ私のみLovelyへ。

久々のLovely緊張するなぁ。なんて思いながらいつも
ドア押しちゃうんだよなぁ。引かなきゃ。

 席に案内されて、以前ひつじさんのブログ(閉店されましたが)で、
また7/29の寺井尚子LiveのMCで寺井さんが紹介された
Lovelyの3大名物の一品(お腹いっぱいだったから一品のみ)
を食べながら。。。
そうすると、後藤浩二さんが4日のパンフ持ってきてくれた。
このパンフは何枚目になるんだろうって言うぐらいもらって(笑)
パレットのとき、JAZZセミナー、某レコード店、TOKUの
メ~テレなどなど。。。

  名古屋の伏見というところの「しらかわホール」で
 後藤浩二さんのソロLiveがあります。
 開演が19:00からです。ご都合のよろしい方は
 足を運んでください。

ということで、今回は
岡田組+LUNA(vo)

岡田勉(b)
後藤浩二(p)
くろだ・あつし(ds)+(vo)
LUNA(vo)   → LUNAさんのブログがあります。

を見てきました。セットリストを書いた紙を失くしてしまい
ちょっと自信ないですが、青じそピザを食いながら
「季節はずれですが。。。」と付け加えながら『サマータイム』。
のちほどでてくるLUNAさんが「積乱雲のよう」と評したように
ゴツゴツとした音。一曲目からすげぇと。
LUNAが加わって『My Favorite Things
これ久々に聴いた!生は初めてかも。
 今回はすごくわかりやすい曲をわかりやすく聴けた
と思いました。後藤さんもピアノは今まで聴いた音とは違って
いて、楽しんでいるような感じで。
あっという間に楽しい時間は過ぎ、23:30前に終了。
後藤さん以外は初めて聴くので、新鮮だったし
カッコよかった。後藤さんも真後ろでデカイ声で
喋っている客に負けないくらいのピアノでよかった(笑)

 その後、飲みだけに行くチームと合流。
喋っていたら終電もなくなり、カプセルホテルへ。。。
次はいつLovelyに行けるだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »