« 明日から | トップページ | 番外編その① »

2006年3月 5日 (日)

N.P.J.@スター☆アイズ(3/4)

 先週に引き続きLiveに行って来ました。

場所は、今回は名古屋市千種区覚王山にある

G-HOUSEさん(いつもお世話になってます☆)の1階

スター☆アイズさんへ行って来ました。

今回は行けるかどうかわからなかったので、当日券の有無を

確認してから伺いました。

 20時ちょっと前に着いたのですが、もう満員!!

いつも大きいテーブルに通されるのですが、向かって左の

カウンターへ。

意外と座りやすい。

・アーティストの目線と同じ高さでステージが見れる。

 混みあった時は いいかも。

で、今回のLiveのメンバーですが

TOKU(fh)、(Vo)、(司会者?)←本人曰く
納谷嘉彦(p)
大坂昌彦(ds)
日景”ボッコ”修(b)

以上のメンバーでNPJ
NPJってなんだ?とほとんどの会場のリスナーは思ったはず。
最初一曲演った後メンバー紹介とともに「NPJ」と。

orthern
               People
                              of apan

の略らしい。A.K.Tと同じく。

A.K.T.が秋田県人のミュージシャン3人の略なら

NPJは新潟出身のTOKU加えてのNPJらしい。

NPJとしては4回目?の演奏らしい。

このメンバーだとどんなLiveになるか正直ちょっとドキドキ

だったのですが、リハーサルなのか本番なのかの「際どさ」を

垣間見たLive。

 セットリスト自体は

      始めっからナシ!!!!!

楽譜をいくつか持ってきて、話し合いの元に演る曲決めていく

形態なのも面白かった。リハは当然やっているのだが

2ndでボッコさんが「その曲完璧じゃないから」

TOKU「大丈夫大丈夫」って言いながら少し試してから本編へ。

とか結構スリル満点というか予想・予測できないLive。

 1stの一曲目からすごく楽しそうにかっ飛ばしていった。

最初っからフルスロットル。でもね、メンバー紹介後の

「業務連絡」がまた長かった~(爆)曲順決めてないし

今日初めての曲、TOKUが絶賛していた納谷さんが

3週間前に作った曲(TOKU以外は一回はLive演奏済みで
TOKUが「ぶ~う」と言っていた)、

大坂さんが世界一周の豪華客船で知られる「飛鳥」に一週間

「缶詰」にされた時に書き下ろした曲「DeepBlue」など

10曲以上演っていただいて尚且つ、司会者TOKU?の振りが

即席での会話でなく

「大学の時あんな感じでバカみたいに話したなぁ~」

と心で思うようなざっくばらんなMC(4人が4様みたいな)。

先ほど出た大坂さんの「飛鳥乗船紀行」のコーナー?では

TOKUが大坂さんにマイクを渡し、

5分ぐらい話していたり。。。(^_^;これはこれで面白かったです、ハイ。

納谷さんのピアノが今までとは違ったシットリした落ち着いた

ピアノではなく、ハジケたすごくダイナミックな

(ちょっと古い言葉でスマン)音で、かっちょよかった~♪Live。

 1stで帰られるお客さんもいて2nd途中(電車の関係だと思うけど)

で帰るカップルに向かってTOKUがボソッと、

   「もうかえっちゃうの~♪」

(オーディエンス含め)一同失笑~!!でも彼ら(カップルね)は

気づくことも無く、何事無くお店を出て行かれましたが。。。

 アンコール2曲目のFly me to the moon は「どうなるの~」と

思いましたがキレイにまとめてLiveは終わりました♪

 ホントに「業務連絡」が多かったLiveなので

「これがある意味Live!」とも思った一夜でした。

 今回はスタンダードもあったけどオリジナルが一杯あって

やっぱりどれ聴いても新鮮だし、久々のTOKUと大坂さんの

音に酔いしれた(ノンアルコールですが)ほどよい疲労感を

味わいつつ家路に着いたのでした。。。

 追伸

   岩城さんご夫妻には大変長い間荷物をお預けし
  ご迷惑をおかけしました。今後ともよろしくお願いします。

   大坂さんは、メガネNGでしょう。ナイ方がカッコイイ!

|

« 明日から | トップページ | 番外編その① »

music」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

レポ読ませていただきました!!
こんなバンド名がついてたんですね!
MC、想像できますーーー(爆)
納谷さんって私の中では「はじけた」感じです!大坂さん眼鏡だったんですね!おしゃれでかけてるみたいだけど視力も結構悪いみたいですよ。大坂さんとお話しました?あ、私は東京で後藤さん堪能いたしました!!

投稿: kayoko | 2006年3月 6日 (月) 11時06分

2002年にスター☆アイズでやっとのが初めてらしいです。
大坂さんとは挨拶だけしました。
TOKUはボッコさんと話し始めてしまったので何もなかったし。
まぁ、今度いつ見れるかどうか分からないのでラッキーとしときましょう♪

投稿: kazu | 2006年3月 6日 (月) 21時00分

●kazuさん
大坂昌彦さんは、EQやM's(マサちゃんず)での活躍も馴染み深い大好きなアーティストの一人です。ライブの楽しさを満喫されたようでこちらも読んでいてライブにいきたくなりました。

Joshua Redman / Timeless Tales
http://music-review.info/article/13055591.html
へのコメントありがとうございました。

ジョシュア・レッドマンはまだ若いのに「この頃が一番良かった」等と良く言われるアルバムです。でも、こうして考えてみるとリズム隊もかなり豪華且つ前衛的な音を好む個性的なアーティストですし、そういわれてしまうのにも一理ありますよね。

投稿: ponty | 2006年3月 8日 (水) 02時53分

pontyさんへ
 コメントありがとうございます。
是非また一度Liveに行って下さいナ♪
pontyさんのお薦めの音がありましたら
おしえてください。

投稿: kazu | 2006年3月11日 (土) 00時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102362/8959829

この記事へのトラックバック一覧です: N.P.J.@スター☆アイズ(3/4):

« 明日から | トップページ | 番外編その① »