« 花の慶次 ~愛~ 導入初日 | トップページ | 音楽はCD買う?ダウンロード? »

2010年3月12日 (金)

たまに行くならこんな図書館

ある日 ちょっとイイ図書館で

ある本と出会った。

荒木経惟 著  東京愛情

一言で言えば、現代の東京の街の風景を描写し それに対して

コメントを寄せて編纂されている新書サイズの本。

2008年1月15日初版だが、私が出会った2010年何かを

察知したような感がある。

ある写真の一コマ

       「笑顔って、最愛の言葉だネ。」

なぜか「ハッ」とさせられた。

東京タワーの展望室から副都心を撮影した写真では

       「どーしても墓場に写っちゃうんだよネ。」

とコメントあったり

この中でびっくりしたのが(予言?)

       「相撲教習所 heart01 両国」

2010年1月~2月 この話題も大きかった。

まさか貴乃花親方が教習所所長とは。。。

ここで教習所の説明を入れているのだが

       「国技に打ち込む若者たちの一途な姿に背筋が伸びる」

2010年2月18日ではなく(このことが。これは2008年1月以前の話)

虚しく思える。

力士はだれもが通う所。

描写されている写真の中にある

       「 体 技 心 」

エンターテイメント性を重視するのか伝統文化なのか?

いつかプロレスのように淘汰されるのか?

このほかに

メイド喫茶、義士祭、最後の高校の卒業式(統廃合による)、

特別養護老人ホーム。。。

亀有公園のくだり(ウラ表紙にもなっているが)

     「朝の家事を終えたお母さんに連れられて、

     近所の小さな子供たちが三々五々集まってきた。

     どこにでもある風景。

    けれども、これが一番大事だとアラーキーは言う。

    『母と子。これがすべての関係性の基本だよ』」

奥様がお亡くなりになり、先日愛猫も失われた。

最後に、

     「まだ、妻を想って撮っている。」

と締めくくられている。

私は。。。未だ会えていない。

ポプラ社 2008年

|

« 花の慶次 ~愛~ 導入初日 | トップページ | 音楽はCD買う?ダウンロード? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 花の慶次 ~愛~ 導入初日 | トップページ | 音楽はCD買う?ダウンロード? »