« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

もう5月終了!

あっという間に、5月も終わる。

5月月末と言えば、競馬サークルではダービーですよね。

プリンシパルSの勝ち馬は、どうも買いづらいが。。。

ルーラーシップ、買いたい馬なんだが。。。

きらきらアフロのパブリックビューイングはさすがに行けないので

このダービーと某おみせで半額券がもらえるのでそちらへ。

来週はブルーノートがある6月突入!

ワールドカップも6月開幕ですよね。

闘莉王がちゃんと現状を言い切ったかんじですね。

なにかを得て、帰ってきて4年後につなげてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

家族に乾杯 市原市

このロケ日が、4月7日ですが、

私の40周年と1日目。

ですが、たしかこのころぐらいに

瓶成くんの出来事があったとおもう。

昭和45年、私とリーダーと海釣り公園の女性が

万博の年に生まれ。。。

そのあと、鶴瓶師匠が、古き五井の下町で

昭和17年に区画整理で家を動かしてきた、ご夫妻。

昭和17年、ウチの親が生まれた年。

40歳で独身が男女含め3人も出てきた番組って、

世相を反映したドキュメンタリーですよね。

先ほどちらっと出てきた瓶成くん。ウチの弟と同い年。

落語をやめ、今何をやっているか気がかりです。

このご時世、ハローワークはものすごい人らしいです。

可能ならば、鶴瓶さんの近くで仕事に就いているといいなと。

あと、閲覧されている方へ

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

つまり、私だけ読んで非公開もできます。

皆さんのコメントやトラックバックお待ちしてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラッシャー木村氏 逝く

私が小学生、中学生時代には、アニマル浜口と一緒に猪木に

闘い挑んでいたよなぁ。

それがいつの間にか、全日で馬場の傍ら。

マイクパフォーマンスが板について。

ご冥福をお祈りします。

ついでに、なぜ、サッカー日本代表は弱いと解っているのに

勝てると思い込んでるんだろう?

選手も監督もサポーターも、韓国にかなうわけない

と判っているのに。

土台が何もないぐらぐらの耐震偽装の基礎。

サッカー日本代表のことを知っている人は、みんな

今の状態では世界に通じないことを。

だれが監督をやっても今は同じ。

次の4年に向かうべきではないか?

SPORTで、ダイジェストの試合、試合後の選手のインタビュー

解説者が「この試合は予測されたこと」という。

とくに選手のインタビューは、もっと悔しさを滲ましても

よかったのでは?試合後のサポータのインタビューも

ファッションで見に来たのか?と思わせるような

ヘラヘラ笑っている奴も。

次の4年へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月18日 (火)

ありすいんわんだ~らんど

今日、予告編で前売り買っちゃいましたシリーズ第2弾!

アリスインワンダーランド3D字幕版を

見てきました。

3D初体験の私。観客は、若いカップルかオネーチャンしか

いないと思ったら、インナーがランニングシャツにジャケットを

羽織ったおっちゃん。もう、鉄郎に見えました。ホントに(笑)

真ん中エリアの最前列に。

まぁ、3Dはスゴイ。

あまりプロモーションを積極的にやらなかったような今作品。

私は、NINEとか鉄郎のおとうととかも。。。。。

近いうちに、TRICKとのだめも見に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

そろそろ次が。。。

ここ数カ月、鶴瓶師匠のお笑いを見せていただいて、

無学の会も2回も奇跡的に見せていただいて、

今、ブログアップしているなか「家族に乾杯」を見ていますが

私と同じ昭和45年生まれの城島茂さんがゲストで

鶴瓶師匠が道行く会う方々に、

嫁を紹介して!!」と。。。

私も同じなんやけど。。。( ̄ヘ ̄)

本題ですが、はるか昔に予約した3週間後のLivenotes

久々の菊地成孔shineshineshine

NHKの土曜ドラマ「チェイス」の音楽もやっていて、

最近そいやぁ、

教授の教育テレビの「schola 音楽の学校」には、東大で菊地さんと

一緒に教えていた大谷能生さんが出演中。JAZZだからねぇ~♪

??????

NHK、つながるなぁ~( ̄▽ ̄)

Jazzも落語もお噺も、そのときどきのその場所での一瞬を

どう受け取って楽しむかは同じかと。。。敷居が高い雰囲気

まだあるみたいですが、コンビニエンス的なものよりよほど

面白いですよ、鶴瓶噺もペペを含めたJazzも。

ここ見に来てくれる人の年代がわかりませんが、

20代、30代の人は、こんな世界があるんやと思いますので

是非、ぜひLiveで。

本来の「身近な音」かな?次回以降、音のはなし出来るかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 9日 (日)

ギャラクシー賞と日本映画批評家大賞と。。。パクリ?

無学の会の時に、鶴瓶師匠がご自身でギャラクシー賞を

受賞したことをお話していただいたが、松鶴師匠は

見抜いていたのだろうか?

ここまで、いろんな賞を受賞したお弟子さんを。

「スジナシ」や「家族に乾杯」が、その評価材料だったみたいですけど

ほんとうにおめでとうございます。

第19回日本映画批評家大賞の授賞式こそ欠席されましたが、

八千草薫さんが、「ディアドクター」で助演女優賞を受賞されました。

ほんとうにおめでとうございます。

この映画、メイキングのDVDでも話に出てきますが

3年の歳月をかけ、西川監督が練り上げたお話。

いくつ賞を受賞したのだろう。

無医村を題材にした映画は、韓国の映画祭にも。。。

これが現実に起こったのは、衝撃だった!!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100509-00000530-san-soci

まだ、第一報。

詳しいことはこれから岩手県宮古市の県立宮古病院の関係者や

患者さんたちから、いろんな証言が得られると思う。

2年近く、どうだったんだろう。

いろいろな意味で悲しい現実です。

あと、ついでに一つ。

大阪の司会者、ミヤネ屋さんがやっている日曜日の番組での

締めのコーナー、

ど~見ても「突然ガバチョ」

「つるべタクシーやんか~ぁ!!!!!

パクリやぁ~!!

え~んかぁ、毎日放送!!!」

少年時代の思い出car

こんな感じで、中国同様のパクリを見るとは。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

無学の会 4月 & 鶴瓶のポトス寄席 (HOME&AWAY)

4月の月末。

それはサッカーの試合のように、Home&Away。

30日 AWAY戦。

今回は新幹線で移動bullettrain

新大阪に初めて降りて、なんとなく改札をくぐり

車中で約1時間のあいだで考えたこと。

    かえり、指定席無いと大変なことになる!!!

帰りは自由席でと思っていたが、

行きの車中でGWのすごい混み具合にうんざり

だったので、さっそく、自由席券⇒指定席券Change!!

市営地下鉄も初体験。

車と同じ高さで並行して走る地下鉄に乗りながら、なんばへ。

南海電鉄の普通電車に乗って、粉浜へ。

ここで不思議なことが。

2回目の粉浜の為、前回よりすこし先頭のほうへ乗車した。

ベンチシートの端に座ると、反対側にちょっと年上の女性。

名古屋でもよくある電車の風景。

天下茶屋を過ぎ、粉浜駅へ。この車両の乗客、乗降の階段が

近いためか降車する客が多い。

正面の女性も降りて行った。

私も、粉浜の駅のトイレに用をして、今回はちょっと南下して

左曲がって大通り。路面電車が通る車の通行量が少ない

大阪の下町。横断して、道沿いに左手。

「郵便ポストが目印」という細い路地を右手に入ろうとしたら、

先ほど正面にいた女性が。別ルートから。

ふたりして早足で(笑)無学に到着。

小さな偶然の必然。

開演数分前、少しフライング気味に鶴瓶師匠登場。

この日のお客様で小学生の可愛いお子さんを見つけた

メインMCは、

「どら焼きもってきてぇ~!ゲストの分も持ってきて~ぇ!」

たぶん、宇木くんかなぁ?がお盆にどら焼きを師匠に渡し、

鶴瓶師匠が人づてに女の子まで。

あとは、マル秘dogのゲストが登場しても寝ている観客に

ゲストが、ガナったり。これはびっくりしたΣ( ゜Д゜)ハッ!

舞台袖の鶴瓶師匠からも

「その人、始まった時から寝てたで~ぇ!!!」

で、またドッカ~ンの大爆笑。

そして、先月同様、マル秘secretゲストのゲスト!

先月は客席から登場しましたが

今回は楽屋にいた芸人さん。

生でいろんなゲストの方を見せていただいて、

いろんなお話をうかがい、普段見れない本業のネタや

コラボレーション。

20時少し前に終了して、本当のゲストが楽屋にいた

師匠の言うところ「サル」に完全に食われてしまい、

ちょっと気の毒と思いながら、粉浜発20時の電車に乗って

同じ路線を新大阪まで。。。

翌5月1日。

16時ごろ、開場まで時間があるので併設の図書館にて

鶴瓶さんのお師匠さん、松鶴師匠の本を図書館で読んでいた。

戦後の上方落語の復興した四天王のひとり。

今日は笑福亭瓶太さんと鶴瓶さんの「落語会」。

HOMEです。( ̄▽ ̄)

会場まで車で15分もかからないところ。

定刻ちょっと前から、お囃子が流れ、私服の鶴瓶師匠登場。

20分ぐらいだろうかフリートークで会場を温め、

その後瓶太師匠の落語が2席。

鶴瓶師匠の「青木先生」を含む2席。

私は、青木先生を笑っていいとも増刊号で(かなり昔)

サワリを見せていただいたのですが、全編をやっと見れた思い。

瓶太師匠のネタも面白く、隣のおじさんが中途半端なところで

拍手しはったんで、どうリアクションしていいか

戸惑う瓶太師匠も面白かった。そのおじさん、

鶴瓶師匠の時も、瓶太師匠の時も大爆笑を一度も

していなかったのに、そこだけ、

拍手!

ああ、これがお笑いなんやなぁと。

人それぞれツボがあると思うし、ええなぁと思うところが

あるとおもう。そんな一コマを勉強させてもらった感じがしました。

瓶太師匠は、車で2時間かけて来たと言っていたが

春日井、おいしいところいっぱいあるので

是非、次回、来年なのかなぁ、瓶太師匠、また来てください。

ホーム & アウェイ の 鶴瓶さんとの「試合」。

心残りは、ホームの試合の題目が青木先生以外わからない

ところ(笑)

ナマの落語は初めての私は、ネタは大体覚えているけど

題目が。。。

本当にお忙しいところお越しいただいてありがとうございました。

ポトスの関係者の方もありがとうございました。

 5月の無学も伺いたいのですが、日時が日曜で19時スタートだと

完全に月曜日アウト( ̄○ ̄;)!なので6月に期待しつつ。

追伸

    瓶太師匠、朝●龍の物まね良かったぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »