« もう5月終了! | トップページ | いまをおもう »

2010年6月 8日 (火)

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール@名古屋BlueNote

座席がリザーブ制になって、開演直前までに行っても大丈夫な状態に

なった、名古屋BlueNoteですが。

久々の本業のJazzLiveでの題記ですが、ハプニングがたくさんありました。

前回と同じ若干後方の席をリザーブをした

(まぁ予約が遅かったこともあったが)が

ステージ前から2列目になったこと。

「え?えぇ?なんで?」と思いながら、菊地さんのほぼ目の前。

それから、演奏はいつもながらすごいのだが、

リードがペラペラだったのか?集中力が切れたのか?

SAX、とくにテナーのアンブッシャーが。

あまりに抜けるので(毛ではありません)、

終盤は「がんばって!」と思いながら。

killingtimeとかブレスが容易でない曲が多いので

当たり前かもしれないが、前回より格段に多かったし

演奏中も本人が苦笑するぐらいだった。

リガチャを締めるのもわかるのだけれども

本人が過去にTVかLiveでのインタビューあるいはMCで

ある外国のプレイヤーに

「もっと(SAXを)練習すれば、すごいプレイヤーになるのに」

と言われたことがあると 言っていたが

その時を思い出した。

この演奏、楽曲をやれるのは彼しかいないので、

ペペは、しばらく聴いていたいユニット。

わたしが感じたのはそんな約2時間弱での空間。

DCPRGはいつ復活してもおかしくない、とも思った。

最後のハプニングは、久しぶり1年半ぶり?かな。

菊地さんの音楽を紹介してくれた昔の所属組織の

ヤツと会った。Live後少し話したが、元気な姿が見れてよかった。

次回ペペが来るまで、ヤツとも会えないだろう。

6/9 南米のエリザベステーラーが再発するそうで

特典で(TR限定だそうです)Live後すばやく着替えた

菊地さんにサインをもらい帰途についたとさ。。。

|

« もう5月終了! | トップページ | いまをおもう »

2010年」カテゴリの記事

music」カテゴリの記事

ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/102362/48579588

この記事へのトラックバック一覧です: 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール@名古屋BlueNote:

« もう5月終了! | トップページ | いまをおもう »